中小企業診断士資格

経営コンサルタントになるには?




経営コンサルタントになるにはどうすればいいの?
と思っている方、以下ご覧ください。

スポンサードリンク




経営コンサルタントになるにはどうすればいいの?

まず経営コンサルタントは国家資格などの資格ではありません。

何がいいたいか?というと、
今日からいきなり、どんな人でも「私は経営コンサルタントです」
と名乗ることができるということです。

たとえば弁護士や中小企業診断士は国家資格です。
そのため試験に合格して実務修習などを受けて登録しないと
弁護士や中小企業診断士と名乗ることができません。

でも経営コンサルタントは資格名ではないので誰でも名乗ることができるのです。

ただ誰でも名乗れるからこそ、経営コンサルタントと名乗るだけでは
お客さんから「あなたにお願いします」と言われるのは
そう簡単なことではありません。

経営コンサルタントになるには

経営コンサルタントとして成功するには

・経営コンサルタントとしての知識と経験
・お客さんを集める力(集客力)

の2つが必要です。

あなたが経営コンサルタントであることを誰も知らないのに
あなたにお仕事をお願いできません。

経営コンサルタントとしての知識を身につけるには

・コンサルタント会社に就職する
・中小企業診断士資格を取得する
・MBAを取得する

方法が一般的です。

ただコンサルタント会社に就職するには
コンサルタントとしての知識がすでにある方の方が採用されやすいです。

中小企業診断士

そういった意味ではMBAか中小企業診断士を取得する方がよいでしょう。
MBAも中小企業診断士もどちらも経営コンサルタントになるための知識を身につけることができますから。

とはいえMBAは大学院に進学して卒業しないといけません。
中小企業診断士の資格を取得するほうが現実的です。

そう考えると、経営コンサルタントとしての知識を身につけるなら
中小企業診断士資格を取得することをおすすめします。

あとは、実際にお客さんを集めて、経験していくしかありません。
お客さんを集めるにはインターネットの知識が必須です。

ひたすら電話営業するより、
あなたにあったお客さんに訪問してもらえるようなホームページを作る方が効率的です。

あるいは知人からお客さんを紹介してもらう方法もおすすめです。

最後にまとめますと経営コンサルタントになるには

・コンサルタント会社に就職する
・中小企業診断士資格を取得する
・MBAを取得する

いずれかの方法で知識を身につけあとはホームページを作成してお客さんを集め
実践していくしか方法はないということです。