1次試験

クランコントロールとは?わかりやすく解説




参考文献・URL
マンキュー経済学ミクロ編・マクロ編

分厚いマンキュー経済学を読み解くのがめんどくさい人は、こちらをおすすめします。
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(ミクロ編) [ ティモシー・テイラー ]
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(マクロ編) [ ティモシー・テイラー ]

この記事ではクランコントロールとはどういうものなのか
わかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク




クランコントロールとは?

クランコントロールの『クラン』には『仲間』という
意味があります。

なのでクランコントロールは
仲間コントロールともいいます。

クランコントロールはルールやマニュアルを作るのが
物理的に難しい会社に適用されるコントロール手法になります。

たとえば環境変化が激しくて
すぐにルール変更が必要になる会社は
どれだけルール作りをしても
時間的に追いついていかないでしょう。

こういった会社は従業員一人一人が
マナーを守って会社のために
仕事をしていくしかないわけです。

もっというと、従業員同士が仲間意識をもって
「大丈夫?」、「うん大丈夫。君は?」
みたいな感じです。

こんな感じでその会社の組織文化によるコントロールにゆだねられています。

以上でクランコントロールに関する解説を終わります。
ルールブックとかマニュアルみたいなものはほとんどないのが
クランコントロールです。