一般知識

多核心モデルとは?わかりやすく説明

多核心モデル




高校でもし地理を選択したら
学習する可能性があるのが『多核心モデル』です。
行政書士試験の一般知識では高校で学習する内容であれば
出題される可能性がありますよね。

さっきいろいろネットサーフィンをしていたら
高校地理でも登場する『多核心モデル』の初出となる論文を発見しました。
多核心モデルについて書かれた論文はこちら

上記論文は英語でかなり何回だったので
今回の記事では多核心モデルとは何か?わかりやすく解説させていただきます。

スポンサードリンク




多核心モデルとは?わかりやすく解説

前回、同心円地帯理論と扇形モデルについて解説しました。
同心円地帯理論とは?わかりやすく解説
扇形モデルとは?わかりやすく解説

もしかしたらあなたは「同心円地帯理論、扇形モデルと多核心モデルの違いがわからない!」
って悩んでいませんか?

同心円地帯理論にしても扇形モデルにしても中心は1つだと考えます。

でも、街が大きくなると実際は副都心というのができていくわけです。
そんなことを主張したのがチョーンシー・ハリス(アメリカ)とエドワード・ウルマン(アメリカ)で多核心モデルといいます。
1945年に提唱されています。

たとえば東京。

昔は東京駅当たりが一番栄えていたわけですが、
現在では新宿の方が栄えていますね。

他にも池袋、品川、上野なども栄えてきていますね。
こんな感じで副都心がたくさんあるわけです。
こんな感じで東京都に副都心がたくさんあるという事実を
同心円地帯理論や扇形モデルでは説明できません。

でも多核心モデルなら「そりゃそうだよね」
と納得できるわけですね。

光が強く出ている地域(ネオンとかマンションの住人による。人口が多い方が強くなるはず)が
昔と今では変わってきています。

同心円地帯理論や扇形モデルは都市の核心は中心(業務地区)の1つしかないと考えます。
でも、多核心モデルでは街が大きくなると
中心業務地区のほかに複数の核心が発達していく
と考えます。

そしてできた複数の核心の周辺にいろんな機能を持った地域もできていきます。
これが多核心モデルです。

たとえば、東京都港区という中心業務地域があったとしたら
その周辺に卸売の地域(下町)ができてくるわけです。

このように考えるのが多核心モデルです。
以上で解説を終わります。