1次試験

為替リスクとは?わかりやすく解説します

為替リスクとは




この記事では為替リスクとはどういうことなのか、
わかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




為替リスクを理解する前提

為替リスクとは
日本のペット会社があるとします。

この会社はアメリカのペット会社から
ドッグフードを輸入しているとしますね。

輸入するドッグフード代はドルで支払うことになっています。
このとき、日本のペット会社は円しか持ってないので
銀行に行って円をドルに交換することが多いです。

ドッグフード代は9000ドルでした。
で、これから先の話を理解しやすくするために
この9000ドル=ドッグフードそのものだと
思ってください。

その方が理解しやすいと思います。

つまり、9000ドルという商品を日本のペット会社は購入したということです。
ただ、為替相場というものは毎日、変動しています。
1ドル110円だと思ったら、次の日には1ドル108円になっていたりとか。

もし、アメリカのペット会社が
「今すぐ9000ドル支払ってくださいね」と言われたら
為替の変動の問題を受けにくいので問題ありません。

でも、アメリカのペット会社が
「9000ドルの支払いは6か月後にお願いします」
と言ってきたら・・・

6か月後の9000ドルというのは、
現在支払った場合の日本円ですまない可能性が高いわけですね。

為替リスクとは

たとえば上記のように1ドル80円だとすると
9000ドルのドッグフードを仕入れた場合の仕訳というのは
日本の会社としては円ベースでしますから、

(借方)仕入720,000円/(貸方)買掛金720,000円

となりますね。

そして6か月後も為替レートが同じだった場合には
現金を72万円支払ったら終わりです。

でも、6か月後、1ドル100円になった場合には
支払う現金は90万円になります。

為替リスクとは

その場合の仕訳は上記画像のようになりますね。

借方の72万円にさらに18万円加えないといけません。
この18万円の勘定科目は為替による損なので、
為替差損となります。

したがって
(借方)買掛金720,000円/(貸方)現金900,000円
為替差損180,000円/
となりますね。

逆に6か月後、1ドル80円が70円になっていたら・・・
支払う現金が63万円となり、貸方に為替差益90,000円
を記載することになりますね。

こんな感じで同じ9,000ドルの支払いだとしても
当日のレートの違いによって、支払う金額が円ベースだと
変わっていく
わけです。

為替リスクとは

たとえば上記のようなレートだった場合
1ドル80円が一番日本のペット会社にとっては得が大きいわけですね。
この状態を円高ドル安といいます。

逆に円安ドル高の時が一番、日本のペット会社にとっては
損することになります。

スポンサードリンク




為替リスクとは?

こんな感じで海外の業者から商品を輸入する場合
支払い当日のレートによって得をする場合もあれば
損をする場合もあるわけですね。

つまり不確実性があるわけです。

日本の会社は損したくありません。
なんとかして得をしようと考えるわけです。
こういった人や会社のことをリスク回避者といいます。

また、こんな感じで当日の為替レートによって損をしたり
得をしたりするという不確実性のことを為替リスク
というわけですね。