1次試験

ビジネスモデル特許の例




ビジネスモデル特許とはビジネスの方法に対する特許のことです。

今回の記事ではビジネスモデル特許の例を
ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク




ビジネスモデル特許の具体例

ビジネスモデル特許の例



ビジネスモデル特許の例として
逆オークションを挙げることができます

プライスライン社が逆オークションというもののビジネスモデル特許を
取得しています。

逆オークションってどんなオークションなのでしょう?
一般的なオークションって商品を売りたい人が
買ってくれる人を探しますね。

でも、逆オークションの場合には
買いたい人が売ってくれる人を探します

逆オークションというのはたとえば、
あなたはヤマハのクラシックギターを買いたいとします。
しかも「値段は3万円までなら買えますよ」と意思表示します。

すると、ヤマハのクラシックギターを売りたい側の人は
「じゃ、29000円でどうですか?」みたいに値段を行ってきます。

でも、買う側のあなたは
できるだけ安くギターを買いたいです。

なので売りたいと言ってきた人の中で
一番安い価格を提示してきた人からあなたは買えばよい
わけです。

ヤフオクなどの一般的なオークションだと
売りたい人が「ギターを3万円以上で売りますよ」と条件を決めて
オークションに出品するわけです。

その中から、買い手が「3万500円でどうです?」
他の買い手は「3万1000円で買いますよ」みたいに競って
最終的に一番高い値段をつけた人が買えるのが普通のオークションですね。

でも逆オークションは買い手が売って欲しい商品と値段を言います。
それに反応した売り手がより安い値段を提示し、
その中で一番安い値段を提示した売り手から買い手は購入します。

要するに逆オークションは買い手が売ってくれる人を探すのに対して
普通のオークションは売り手が買ってくれる人を探しています。

以上で解説を終わります。