1次試験

ストック調整原理についてわかりやすく解説

ストック調整原理




参考文献・URL
マンキュー経済学ミクロ編・マクロ編

分厚いマンキュー経済学を読み解くのがめんどくさい人は、こちらをおすすめします。
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(ミクロ編) [ ティモシー・テイラー ]
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(マクロ編) [ ティモシー・テイラー ]

前回解説した加速度原理ですが、
かなりざっくりとした考え方でしたね。

加速度原理を利用して投資判断なんてしたら
最悪、大赤字を出してしまい倒産してしまう可能性があります。
加速度原理についてわかりやすく解説

そこで登場したのがストック調整原理です。

この記事ではストック調整原理について
わかりやすく解説します。

スポンサードリンク




ストック調整原理とは何かわかりやすく解説

ストック調整原理の式はこちらです。

ストック調整原理


(Ib=λ(Kb*-Kb-1)

「よくわかんないよ」という声が聞こえてきそうですね。
λ(ラムダ)とか*(スター)とか出てきたら
拒絶反応が出ちゃいますよね。

ではこちらをご覧ください。

ストック調整原理

bは当期のことです。
b-1は1年前とか1回前の期のことです。
λはラムダと読み、定数で0から1の間です(0と1は含みません)。

式だけだとわかりにくいので
具体例で考えていきましょうか。

たとえば今年b期の望ましい資本量が500台
ところが前回末(b-1期)の資本量が400台しかありませんでした。
ここで資本量は商品を作るための機械の数だと思ってください。

つまり、前回末で400台しか機械がなかったけど
今期で望ましい機械の数は500台だということ。

なので、500台ー400台=100台分、
機械を工場に置かないといけないってわけです。
100台分今年新たに投資をしないといけないということです。

この100台分を導き出す考え方が加速度原理です。
加速度原理的な考え方だと100台必要だったら
100台分投資しましょうって考えたになります。
加速度原理についてわかりやすく解説

ところがストック調整原理は100台、
「今期必要という予想だからといって
もし予想が外れたらどうするの?
うまくいかなかったら会社が潰れてしまうよ」

だから仮に定数λが0.3だったら100台×0.3=30台

本当は100台という予測だけど
失敗したら困るからIb=30台しておこ
う」
という理論がストック調整原理です。

ちなみに定数λのことを伸縮調整係数といいます。

0<λ<1
なので、λは0から1の間で実際にどれだけの割合で
投資するのか?を表しています。

スポンサードリンク




ストック調整原理の特徴

ストック調整原理は加速度原理の問題点だった、
予測が外れたら会社が倒産してしまうほどの危険性を
λという伸縮調整係数を使うことでクリアーしていますね。

ですが、λがいくらか決定する根拠が薄いです。
たとえばλが0.3だと決まっても、
「なぜ0.3なの?」というなぜに答えにくいという
デメリットがあります。

ある意味会社の命運を適当な数字に任せるわけです。
λがどうやって決まったか?という理由を
きちんと説明できないとIbという投資量の根拠を
説明したことになりませんね。

この辺は加速度原理よりマシですが
完全に信じて投資の意思決定をするまでには
至らない理論だといえるかもしれませんね。