1次試験

ストックオプションとは?わかりやすく解説




「ストックオプションとはどういうオプションなの?」
と気になって、こちらの記事をご覧になっていると思います。

もしかしたらあなたは中小企業診断士試験の受験生かもしれないし
公務員試験で経営学を勉強中の方かもしれませんし
ニュースや新聞でストックオプションの記事を見て
気になっている方かもしれません。

この記事ではストックオプションとはどういうものなのか、
わかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク




ストックオプションとは何か?わかりやすく解説

ストックオプションのオプションは選択権という意味です。
つまり選ぶ権利ということです。

では何を選ぶ権利なのでしょう?
自分の会社の株を買うか買わないかを選ぶ権利です。

要するにストックオプションとは
自分の会社の株をあらかじめ定められた価格で買い入れる権利のことです。

なので買っても買わなくてもいいです。オプションですからね。

ストックオプション

たとえば、あなたが回転すしを運営している株式会社の従業員だったとしましょう。
一生懸命働いています。
また、その会社にはストックオプションがあるとしましょう。

ストックオプションには
権利を行使する期間が決まっているのですが
権利行使期間が来年1年間の間だとしましょう。

来年1年間の間、
そこの回転すしの会社の株式を1株3,000円で
買うことができるという権利を持つことができるとしましょう。

もし権利を行使するというのは
権利を行使して自分が働いている会社の株を買うということで
来年1年の間で権利を行使しないというのは、
そのまま権利が消滅してしまいます。

これを専門用語でいうと
権利行使期間に権利を行使しなければ
権利行使ができなくなり自然に消滅するといいます。

いずれにしても役員や従業員が
将来の一定の機関の間で、
自分の会社の株を買うことができるという権利を持っているというのが
ストップオプション
です。

権利を行使するかしないかは任意です。

スポンサードリンク




なぜストックオプションという制度を認めているの?

会社で働く取締役や従業員は将来、
自分の会社の株を買う権利を持っているというのが
ストックオプションですね。

仮に自分の株を買ったら
株式市場で株がどんどん上がったら
それを売って儲けることができます。

ということは従業員や取締役は
ストックオプション制度を利用することで
自分の会社の株が上がったら
自社株を売って儲けることができます。

だからなんかして株価を上げようとして
一生懸命働くわけです。

だからストックオプション制度を認める会社があるわけですね。
従業員が一生懸命働いてくれたら会社にとってもWINですし
会社の株価が上がって、自社株を売れば、従業員も儲かるのでWINです。

まさにWIN-WINの制度がストックオプション制度ってことですね。

以上でストックオプションについての解説を終わります。