1次試験

エッセンシャルワーカーに該当する職種とは?




『エッセンシャルワーカー』という用語を
最近、よく耳にしませんか?

エッセンシャルワーカーは
『エッセンシャル』+「ワーカー」の2つの用語に分離することができます。

で、エッセンシャルは『必要不可欠な』という意味で
ワーカーは『労働者』という意味です。

つまりエッセンシャルワーカーとは必要不可欠な労働者のこと
です。

新型コロナウイルスで自粛ムードが高まる中、
自分の健康を犠牲にして、私たちのために働いてくれているのが
エッセンシャルワーカーです。

この記事ではエッセンシャルワーカーに該当する職種を
ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク




エッセンシャルワーカーに該当する職種

エッセンシャルワーカー

先ほど言いましたようにエッセンシャルワーカーとは
直訳すると必要不可欠な労働者のことです。

一般的な定義だとエッセンシャルワーカーとは
市民の命、健康、財産を守るために働いている人のことです。

抽象的には

・法律を執行する
・治安を守る
・食べ物を生産する
・医療・介護
・緊急の対応をする

お仕事がエッセンシャルワーカーに該当します。

以下、具体的な職種を挙げていきます。

医療・介護従事者として

・医師
・看護師
・薬剤師
・介護士
・病院等の警備員
・学童施設の職員(両親のお仕事中、子どもを預かってくれる)
・新型コロナウイルスの研究や検査に関わる労働者

などが該当します。

エッセンシャルワーカー

流通にかかわるエッセンシャルワーカーとして

・宅配便の配達員
・運送業者(運輸業者)
・郵便局員

などの職種があります。

他にも

・スーパーやドラッグストアなどの小売業に従事する人
・医薬品や衛生用品等の製造に携わるひと
・公共交通機関で働く人(バスの運転手とか)
・電気やガス・水道・通信などのインフラに関わる人
・消防員や警察官といった公務員
・農業に従事している人
・ガソリンスタンドの従業員
・葬儀会社の従業員
・国家安全保障にかかわる人
・金融機関の従業員
・コールセンターの従業員
・保育士
・マスコミ関係者
・清掃員
・ゴミ収集に携わる労働者
・ボランティア団体スタッフ

などもエッセンシャルワーカーです。

スポンサードリンク




エッセンシャルワーカーに該当する職種の特徴

エッセンシャルワーカー

新型コロナウイルス騒動で
私たちが平和な日常を送るために必要な職種は何なのか?
よく理解できたのではないかと思います。

まず医療に関係するお仕事は絶対必要でしょう。
新型コロナウイルス肺炎を起こし入院となったら
自分も感染するかもしれないのに、命がけで治療にあたってくれます。
これはまさにエッセンシャルワーカーですね。

他にも介護や保育のお仕事も子供から老人まで
いろんな意味でのケアをしてくれます。

他にも私たちにとって電気や水はなくてはならない存在です。
だから電機や水に関わるお仕事をしている人も
エッセンシャルワーカーです。

また、バスや電車が走ってないと
病院に行ったり薬を買いに行ったり、
生活必需品を買いに行ったりできません。

なので公共交通機関で働く人もエッセンシャルワーカーです。

もちろん、救急隊員や消防車、警察官もエッセンシャルワーカーです。

こんな感じで、
その職種の人がいないと、不便になったり
命に関わったりするなら
その人は立派なエッセンシャルワーカーです。