1次試験

インザマネーとアウトオブザマネーの違いを分かりやすく解説




前回の記事でコールオプションなどの通貨オプションについて
詳しく解説してきました。
コールオプションとは?わかりやすく解説

今回は、通貨オプションが前提となるお話をします。
インザマネー、アウトオブザマネー、それからアットザマネーです。

この記事ではグラフを使いながら
インザマネー、アウトオブザマネー、アットザマネーの違いについて
分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




インザマネーとアウトオブザマネーの違い

コールオプションとは

上記グラフは前回の記事(コールオプション)で使用したものです。
コールオプションとは?わかりやすく解説

今回も上記グラフを使用します。

権利行使価格が1ドル90円でコールオプションの買いをします。
で、このとき、
どこがインザマネーでどこがアウトオブザマネーでどこがアットザマネーなのでしょうか?

結論としては下のグラフとなります。

インザマネー


まずアットザマネーですが、
買い手が権利を行使した時に損益が生じない状態のことです。
なので、上記グラフの権利行使価格のところです。

権利行使価格が1ドル90円だった時に
取引するときも1ドル90円だったら、損も得もありませんね。

こういう状態をアットザマネーといいます。

それからインザマネーですが。
行使した時に利益が出る状態なので、アットザマネーよりも
X軸において右側の状態をいいます。

アウトオブザマネーは権利を行使すると損する状態のことなので
アットザマネーよりX軸において左側の状態をいいます。

以上がインザマネー、アウトオブザマネー、それからアットザマネーの違いです。

以上で解説を終わります。