一般知識

高田保馬の基礎社会と派生社会とは?

高田保馬 基礎社会




高田保馬さんは1864年生まれの社会学者です。
経済学者でもありました。

今回の記事では高田保馬さんが主張した基礎社会と派生社会について
わかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




高田保馬の基礎社会と派生社会

高田保馬さんは京都帝国大学哲学科卒業(現在の京都大学)です。
すごく有名人だったようで、ツイッターでもこんなツイートをされている方もいます。

もし高田保馬さんが無名な方であったり、嫌われている人だったら
上記のようなツイートはされませんよね。

実際こちらのように高田保馬の銅像があるくらいの偉人です。
銅像を見れば高田保馬さんがどんな顔だったのか、
確認することができますよ。

ただ有名人はつらいものです。
昭和47年に亡くなっていますが、いまだに調査されることもあるようです。

さてここからが本題です。

高田保馬さんが主張した基礎社会、派生社会ですが、
『社会』といい言葉がついていますね。
この社会は社会集団のことです。

以前こちらの記事で解説した残基(ざんき)と派生体みたいなものです。

基礎社会というのは最低限必要な基礎を提供するような社会集団のことです。
派生社会というのは『派生』ですから、本体があってそこから分かれてくるオプションです。
だから別に政党がなくてもなんとかなるけど、
あった方が社会政策にバラエティーが出てくるといった感じで、
オプションとしてあるようなものが派生社会です。

もっと詳しく高田保馬の基礎社会と派生社会について知りたい方は
こちらの書籍をおすすめします。

以上で、基礎社会と派生社会についての解説を終わります。