1次試験

限界効用と総効用とは?違いと求め方についても解説




参考文献・URL
マンキュー経済学ミクロ編・マクロ編

分厚いマンキュー経済学を読み解くのがめんどくさい人は、こちらをおすすめします。
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(ミクロ編) [ ティモシー・テイラー ]
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(マクロ編) [ ティモシー・テイラー ]

ミクロ経済学の最初の方で
限界効用と総効用について学ぶ機会があります。

ただ、両者の違いってわかりにくいですね。

そこでこの記事では限界効用とは何か?
それから用効用とは何か?解説しながら
同時に両者の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




限界効用と総効用とは?

総効用とは以下の通りです。

以下ウィキペディアより引用
引用元URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E5%8A%B9%E7%94%A8
総効用(そうこうよう)とは経済学用語の一つ。
消費者が連続して同じ商品を消費する場合に、
その連続した複数回の使用から得ることができた
効用の合計を言う。

これは商品の使用による限界効用が加算されていった
合計ということであり、
限界効用逓減の法則に照らし合わせてみれば
最初の一回目の大きな効用の加算から始まり、
回数を重ねていくとともに
効用は減少しながら加算されていくということである。

以上引用終了

次に限界効用ですが、限界というのは
1単位当たりどれくらい増えるか?という意味です。

なので限界効用とはある財の消費量が1単位増えたら
どれくらい効用が増加するか?ってことです。

で、効用とは何か?については前回の記事で
詳しく解説していますのでご覧ください。
効用とは何か?経済学の視点からわかりやすく解説

スポンサードリンク




限界効用と総効用の違いと求め方

限界効用と総効用の定義だけ見ても
何のことかわかりにくいですよね。

そこで、実際の数字を使って
限界効用と総効用の違いをみていきましょう。

限界効用と総効用

おはぎを例に挙げてみていきます。
あなたは『おはぎ』が大好きとします。

総効用はおはぎを食べたときの
効用(満足度)の大きさのことです。

どれだけ「おはぎおいしかった」と満足感が得られるか?
が総効用ってことです。

総効用は

・おはぎ1個だと100
・おはぎ2個だと170
・おはぎ3個だと220
・おはぎ4個だと240

だとします。

限界効用は1単位増えたときに効用(満足度)が
増していくか?です。

なので、

限界効用は

・おはぎ1個だと100
・おはぎ2個だと170-100=70
・おはぎ3個だと220-170=50
・おはぎ4個だと240-220=20

となります。

これが限界効用と総効用の違いとなります。
また限界効用の求め方です。

以上で限界効用と総効用についての解説を終わります。