1次試験

ライリーコンバースの法則とは?わかりやすく解説




前回までの記事でライリーの法則、
コンバースの法則について
解説してきました。
ライリーの法則をわかりやすく解説
コンバースの法則とは?わかりやすく解説

この記事ではライリーコンバースの法則について
わかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




ライリーコンバースの法則とは?

ライリーの法則もコンバースの法則もどちらも
比率を出すものでした。
ライリーの法則をわかりやすく解説
コンバースの法則とは?わかりやすく解説

ライリーコンバースの法則

これに対してライリーコンバースの法則ですが。
上記図をご覧ください。
X市とY市の2つがあったとしましょう。

で、両市の売上を奪い合う比率が1:1になる距離が
どこなのか?分岐点を出すのがライリーコンバースの法則
です。

ライリーの法則もコンバースの法則も比率をを出すものだったのに対して
ライリーコンバースの法則は距離を出す点が違いますね。

それからライリーの法則は3つの都市が計算に必要でした。
ライリーの法則

コンバースの法則は2つの都市で計算しました。
コンバースの法則

ライリーコンバースの法則は2つの都市で計算しますから
計算に必要な都市の数はコンバースの法則と同じです。

ちなみにライリーコンバースの法則は
コンバースさんがライリーの法則を使って算出したものです。

だから2つの都市でライリーコンバースの法則が計算できるのでしょうね。
ライリーコンバースの法則は2つの都市で計算できるコンバースさんが
開発したものだから。

中小企業診断士1次試験の運営管理レベルだと
ここまでの理解で十分でしょう。