1次試験

マズローの欲求階層説とは何か?わかりやすく解説




マズローの欲求階層説は他にも
欲求段階説とか欲求五段階説とかいったりしますが
基本的にみんな同じ意味を持つ心理学用語です。

この記事ではマズローの欲求階層説とは何か?
わかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




マズローの欲求階層説についてわかりやすく解説

マズローは人間の欲求には5つのステージがあるだろうと
考えました。

5つのステージは下の図となります。

マズローの欲求五段階説

一番低次元な欲求が生理的欲求、これはもっとも低次元です。
もっとも高次元な欲求が自己実現欲求です。

で、生理的欲求は食欲とか睡眠欲といった欲求のことです。
もしいっぱいおいしいものを食べて食欲が満たされ
いっぱい寝て睡眠欲が満たされているようなら
次のステージの安全欲求にうつります。

安全欲求は安心・安全に暮らしたい欲求です。
たとえば鍵が壊れた家に住んでいて、
外に身長が2mクラスの大男がウロウロしていたら
不安でたまらないでしょう。

この場合、安全欲求が満たされていないという表現をします。
逆にオートロックの家で、外も警察署が近くにあって
悪そうな人が全くいない環境で暮らしているなら
安全欲求が満たされます。

もし安全欲求が満たされているようなら
一つ上のステージである愛情欲求(親和欲求)にうつります。

愛情欲求は愛情や友情に基づいた欲求のことです。
みんなに受け入れてほしいという欲求が出てきます。

友達や恋人・社会に自分のこと(自分の存在)を
受け入れられたくなるんですね。

もし恋人もいるし友達もたくさんいるようなら
愛情欲求は満たされますから
さらに上のステージにうつります。

具体的には尊敬欲求にうつります。
集団の中で自分のことを尊敬してほしい欲求を
尊敬欲求といいます。

尊敬欲求も満たされたら一番最後、
自己実現欲求にうつります。
自分の夢を実現させたい欲求のことです。

マズローさんが提唱した5つの欲求というのは
低次から高次への階層をなしていて、
低次元の欲求が満たされたのちにはじめて
高次元の欲求に関心が向けられると考えます。

要するに、1つ1つ下から上に上がっていく
ポンと飛び越えることはないってことです。

食欲が満たされる(生理的欲求が満たされる)なら
次にいきなり夢の実現(自己実現欲求)に来ないってことです。

食欲が満たされたら次は安全欲求に関心が向かいます。
安全欲求が満たされたら親和欲求、
親和欲求が満たされたら尊敬欲求、
尊敬欲求が満たされたら自己実現欲求へと関心がうつっていきます。

自己実現欲求

で、一番最後の自己実現欲求は夢の実現。
たとえばある体操選手がいたとします。
オリンピックに出場して金メダルを取得するのが
夢だったとしましょう。

もし金メダルをとったなら夢が実現するわけですね。
でもこれで欲求が満たされて関心がなくなるわけではありません。

一層関心が強まります。
最高次の自己実現欲求だけは
充足されても関心がなくなるわけではないってことです。

もし金メダルをとっても
金メダルに関して関心がなくなることはありません。

次のオリンピックでも金メダルをとりたいと考えるでしょう。

マズローの欲求五段階説

ですから人間の欲求は低次から高次に向けて
1つ1つ上のほうに進んでいくと考えるのが
マズローの欲求階層説
です。

で、一番高い自己実現欲求が満たされても
その関心がなくなることはありません。
私は金メダルをとったことはありません。

でも、おそらくオリンピックで金メダルをとれるような選手なら
向上心が高い方でしょうから、
また金メダルをとろうと、すぐに練習を開始することでしょう。

ただ、マズローの欲求階層説はわかりやすいんですけど
ほかの人たちが検証してみたものの、
ことごとく失敗しています。

マズローさんのいうようにならないケースが
たくさん出てきたんです。

たとえば、ミュージシャンを目指して田舎から都会に出てきて
一人暮らしでまともなものを食べてなくて
生理的欲求さえ満たせていない人もいるかもしれません。

でもそんな人でもミュージシャンになって
紅白歌合戦に出場する夢(自己実現欲求)を
持っている人だっているでしょう。

でもマズローの欲求階層説では
こんなミュージシャンのことを想定していません。

あくまでもマズローさんは食欲が満たせないと
安全欲求を満たしたいと思えないと考えています。

ですから、実際に私たち人間は
マズローさんがいうように
欲求を満たすようにはなっていないケースがあるわけです。

なので実証的な裏付けに欠けていると
学者さんが言っていたりします。

マズローの欲求五段階説

ちなみに生理的欲求と安全欲求の2つをあわせて
外在的欲求、尊敬欲求と自己実現欲求の2つを合わせて内在的欲求と
いうこともあります。

以上でマズローの欲求階層説についての解説を終わります。