1次試験

マネジメントバイアウトってどんな意味?




今回はマネジメントバイアウト(MBO)とはどういう用語なのか、
わかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




マネジメントバイアウト(MBO)の意味

簡単にいうと
マネジメントバイアウト=経営陣(子会社)による独立
みたいな意味です。

もっとわかりやすく説明するために
図を使っていきますね。

マネジメントバイアウト 意味

たとえば親会社Aの経営が危ないとします。
ところで、親会社Aはいろんな子会社を持っています。

ここでは子会社X、子会社Y、子会社Zがあるとしましょう。
あなたは子会社Yの社長だとします。

経営危機に陥っている親会社Aとの関係を
子会社Yの社長であるあなたは
切りたいと思っているとしましょう。

つまり、親子関係を切りたいってわけですね。
ところで親会社Aは子会社X,Y,Zの株をたくさん持っている。
だから親会社、子会社の関係が成立しているわけです。

親会社とか子会社の判定基準については
コチラの記事で解説しています。
連結財務諸表とは?わかりやすく解説

マネジメントバイアウト 意味

子会社Yの経営者であるあなたは
親会社Aとの関係を切りたい、つまり、親会社から独立したい。

でも、子会社Yの株を親会社Aが持っているわけですね。
だから親会社、子会社の関係になっています。

なので、子会社Yは親会社Aから
自分の会社の株である子会社Yの株(自社株)を買えば、
親子関係が切れるわけです

親会社から自社株を買い戻せば子会社Yはグループから外れて独立できます。

イメージとしてはグループの外から出ていく感じになります。
だから、マネジメントバイアウト(MBO)といいます。

つまり、子会社の経営者がどんどん自社株を買って
親会社から独立することをマネジメントバイアウトっていいます。

以上で解説を終わります。