1次試験

総需要(YD)のグラフ




参考文献・URL
マンキュー経済学ミクロ編・マクロ編

分厚いマンキュー経済学を読み解くのがめんどくさい人は、こちらをおすすめします。
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(ミクロ編) [ ティモシー・テイラー ]
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(マクロ編) [ ティモシー・テイラー ]

今回は総需要のグラフについて学習していきましょう。
総需要とは何か?とか式は知っている前提で解説していきます。
総需要とは?わかりやすく説明

三面等価の原則

総需要は三面等価の原則でいうと生産、分配、支出の中で、
支出からみたものです。
総需要とは?わかりやすく説明

なので、財やサービスに対していくらお金を使うのか?
という支出面からみたのが総需要です。

細かくいうと
総需要は『財やサービスに対する総需要』のことですが、
たいてい基本書では総需要と書かれています。

なので、ここでも総需要と書きますが。
総需要=支出のことだと理解しておくと、
今後マクロ経済学を勉強していても
迷子になりにくくなるでしょう。

ところで総需要はYDと書いたりしますが、
YDのDはDemandです。

で、YD=C(個人消費)+I(民間投資)+G(政府支出)+EX(輸出)-IM(輸入)
です。

YDから始まる式の意味が分からない場合は
先にこちらの記事を見てくださいね。
総需要とは?わかりやすく説明

ところで今回説明する総需要YDのグラフは
理解しやすくするために
YD=C+I
にします。

政府支出G、輸出EX,輸入IMは今回は含めずに
総需要YDのグラフを考えていくことにしましょう。

ただ、YD=C+I+G+EX-IMでも
グラフの形や考え方はほとんど変わりませんので
安心して最後までご覧ください。

なので、今回のグラフは
総需要YD=個人消費C+民間投資I

で作っていくことにします。

スポンサードリンク




総需要のグラフを作っていこう

ケインズ型消費関数

YD=C+I
に対して前回解説したケインズ型の消費関数を代入しましょう。
ケインズ型消費関数についてわかりやすく説明

個人消費CにC0+cY
を代入します。

すると、
YD=C+Iが、
YD=C0+cY+I
となりますね。

そして、位置をずらして式を整理すると

YD=cY+C0+I

となります。

YDは会社の従業員が会社からお給料をもらい
そのお給料を使ってパンを買ったり、車を買ったりする支出のことです。

このことを分解すると
cY+C0+I
となります。

総需要のグラフ完成版

で、Yは国民みんなの所得(国民所得)のことで
グラフにすると横軸に該当します。

中学校の一次関数だとy=ax+bのうちのxが
総需要のグラフでいうところのYに該当します。

なので、総需要のグラフにおける
Yの前についているc(スモールシー)は傾きに該当します。

それからy=ax+bのbは縦軸の切片になりますが、
総需要の式だとC0(基礎消費)+I(民間投資)が
縦軸切片に該当します。

つまり、y=ax+bとYD=cY+C0+Iを比較すると
yがYDと一致し、aがcと一致し、xがYと一致し
bがC0+Iと一致します。

ということで総需要の式は直線のグラフになります。

ここまで踏まえた上でグラフにしていきましょう。

総需要のグラフ完成版

となります。

縦軸はYDは総需要のことで、
財やサービスへの支出を意味します。
分かりやすく言うと、旅行代とかパソコン購入などに
お金を支払っているという意味です。

横軸は国民みんなの所得(国民所得Y)です。

先ほど、YD=cY+C0+I(グラフの線自体はYD=C+I)
と書きました。

総需要のグラフ完成版

cYのcが限界消費性向で傾きです。

奥さんからお小遣いとして1万円もらったうち、7000円使ったら
限界消費性向cは7000円÷1万円=0.7です。

次にC0+Iが(縦軸の)切片です。
たとえば、スマホ代金は生活に必要不可欠な消費だと思うのですが。、
こういった生活に必要不可欠な消費が基礎消費C0です。

それからIは夢のマイホーム代など建物代みたいなものです。

この総需要YDのグラフは今後、他のグラフと組み合わせて
どんどん登場します。

たとえば総需要YDと総供給YSのグラフが
組み合わさっているケースです。

他のグラフと組み合わさるので
複雑でわかりにくくなります。

なので、財市場などの学習中に「よくわからないな」
ということがあったら、必ずこの記事に戻ってきて
復習してくださいね。

そういった意味ではこの記事をブックマークしておくと
よいかもしれませんね。