1次試験

財市場の均衡条件




参考文献・URL
マンキュー経済学ミクロ編・マクロ編

分厚いマンキュー経済学を読み解くのがめんどくさい人は、こちらをおすすめします。
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(ミクロ編) [ ティモシー・テイラー ]
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(マクロ編) [ ティモシー・テイラー ]

今回は財市場の均衡条件について解説していきます。

あとで詳しく解説しますが、

財市場が均衡している状態というのは

総供給(YS)=総需要(YD)

の状態です。

財市場は生産物市場とか財やサービスとか
いろんな言い方をします。

ただ、理解しておかないといけないのは
財市場の話は国全体で考える話なんだということです。

なので、Aさんが購入した紙コップとか
コーヒーだけに限った話ではありません。

国全体での話です。

国全体で考えた総供給というのは
生産の話で、コーヒー屋さんがコーヒーをお客さんに提供したり
YAMAHAがギターを製造してお客さんに販売するみたいなことが
全部含まれています。

総需要はコーヒー屋さんでコーヒーを飲んで、お金を支払ったり
ギターを購入したりといった支出のことです。

で、総需要と総供給がイコールになった状態が
財市場が均衡する状態
です。

たとえば500兆円にものを生産(総供給)し、
500兆円お客さんがお金を支払っている(総需要)という状況が
財市場が均衡している情痴になります。

財市場が均衡している状態をグラフで表すとどうなるでしょう?

スポンサードリンク




財市場の均衡条件をグラフを使って解説

こちらのグラフはサミュエルソンが考えました。
一般に45度線といいます。

財市場の均衡条件

45度線については以前の記事で詳しく解説しています。
45度線とは?わかりやすく解説

上のグラフはサミュエルソンが考えた45度線分析です。
どうして45度線と言われるのでしょう?

総供給Ysというのはホンダが車を生産したりといった
国民全体の生産のことです。

供給したら売上になってみんなの所得になるということで
Ys(総供給)=Y(国民所得)
となります。

財市場の均衡条件

だから、オレンジ色の総供給(Ys)のグラフは原点を通って
傾きが1の直線になるわけです。

YS(総供給)=Y(国民所得)
ですからね。
中学校の一次関数でいうと、y=x
というグラフと同じことです。

で、角度でいうと45°になるので
45度線分析といったりします。

45°になる理由は直角(90°)を半分に分けるからです。

三面等価の原則

Ysの線は三面等価の原則でいったら、
生産したら売上になり、みんなの所得として分配されるという、
生産と分配から成り立っている線です。

これに対して、YD(総需要)はアプローチの方向を変えます。
総需要=支出というのは前提知識になります。

財市場の均衡条件

支出というのは財やサービスに対して支出をするという意味です。
で、YD=C+Iとして考えていくことにします。
詳しくはこちらの記事で詳しく解説しました。
総需要(YD)のグラフ

ケインズ型消費関数

大事なのはYD=C+IのCのところにケインズ型の消費関数を代入し
YD=cY+C0+I
という式に変形するんでしたね。
総需要(YD)のグラフ

で、

財市場の均衡条件

YDというのは傾きが限界消費性向でしたね。
限界消費性向と言うのは奥さんから1万円お小遣いをもらったら、
そのうち、たとえば7000円の飲み代に使ったみたいな話です。

この場合、限界消費性向は7000円÷1万円=0.7
となります。

YDに関係する限界消費性向(傾き)は0から1の間の数字をとります。
Ysはの傾きは1以外の数字にはなりません。固定です。

ということはサミュエルソンはYsは傾きが1で固定されていて
YDは傾きが0から1の間だと
絶対グラフがぶつかるはずだと考えました。

ぶつかったところを点Eとし、
この点Eの横軸の数字YEが国民みんなの所得だと
サミュエルソンは考えたんです。

つまり、Ys(総供給)=YD(総需要)のところで
みんなの所得が決まる
ってことです。

そしてYsとYDがぶつかっているところ点Eが
財市場が均衡すると表現します。

Ys=YDが財市場が均衡するというわけですね。

総供給Ysとして生産したら、売上になり
みんなの所得(国民所得Y)となります。

国民所得Yは一度、個人消費Cと貯蓄Sに分かれます。
もらったお給料は貯金するか使うか(消費するか)の2択だってことです。

つまり、Ys=Y=C+S
ということです。

次に総需要YDは支出ですね。
YD=C(個人消費)+I(民間投資)と考えます。

ここで財市場が均衡する場合というのは
Ys=YDと考えるのですから、

Ys=Y=C+Sで
YD=C+I
なので、

結局Ys=C+SのCとYD=C+IのCは同じなので、
Ys=YDなら、
Ysにある貯蓄SとYDにある民間投資Iがイコールにならないといけないってことです。

これが財市場が均衡するって状況です。
企業が生産したら(YS)、お客さんがみんな商品を買ってくれる(YD)という状況です。

これは結局、S(貯蓄)=I(民間投資)
という状況が必要
だということになります。

財市場が均衡する条件

財市場が均衡するということは
S=Iという条件が必要
だということです。

逆にS=Iでないと財市場が均衡しないということです。