一般知識

スーパービジョンとは何か?わかりやすく解説




スーパービジョンとはどういうことなのでしょうか?
おそらくあなたはスーパービジョンという単語は知っていると思います。

でも、具体的にスーパービジョンとは何か、
具体的に明確にはっきりと意味を知らないかもしれませんね。
だからこの記事を読んでいるのだと思います。

スーパービジョンは介護福祉の分野で使われる用語なのですが、
この記事ではスーパービジョンとは何か、
わかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




スーパービジョンとは何か?

スーパービジョンとは何か

スーパービジョンのスーパーは『上、超える』という意味で、
ビジョンは『見る』という意味です。

ですから、より高い視点で見渡していくというのが
スーパービジョンの本質的な意味合い
になります。

つまりソーシャルワーカーがより能力を高めていくために
教育訓練を受けてよりレベルを高めることで
より高い視点から見えるようにしていくというのがスーパービジョンです。

ちなみにソーシャルワークの意味はこちらの記事で解説しています。
ソーシャルワークとは何か?わかりやすく解説

ソーシャルワーカー自身も仕事のことでいろいろ悩みがあります。
たとえば、退院支援。
先輩ソーシャルワーカーみたいにうまいこと患者さんを退院させられないとか
医師との連携がうまくいかないみたいな人間関係的な悩みとか、
ソーシャルワーカーには患者さんや医師、先輩などの人間関係で
悩むことは多いです。

ソーシャルワーカーはいろいろ相談を受けますが、
ソーシャルワーカー自身にも悩みもあります。

ソーシャルワーカーに対するソーシャルワークがスーパービジョンになります。
ソーシャルワーカーだって人間です。恋もしますし結婚もします。
殴られたら痛いですし、お金の悩みや仕事の悩みもあります。

だからソーシャルワーカーだって悩みを相談する場が必要なんです。
こういうのもスーパービジョンです。