一般知識

王権神授説とは?わかりやすく解説

王権神授説 わかりやすく




今回の記事では王権神授説とはどんな説なのか、
わかりやすく解説したいと思います。

スポンサードリンク




王権神授説についてわかりやすく解説

王権神授説は名前の通りだといってしまうと話が終わってしまいますが、
国王がその国を統治する権力というのは神から授けられたものであるという説です。

わかりやすくいうと、
ローマ教皇じゃなくて、神から直接この世の世界を任されている。
「だからローマはでしゃばるな!」というような意味合いがあります。

王権神授説は絶対君主の権力を根拠づけるための学説です。
それから君主政(神によって定められた政体)です。

だから誰かから王冠を授けられたりとか、
誰の承認を得なければ王位につけないとかはないというのが王権神授説です。
王権神授説は16世紀から17世紀のヨーロッパで用いられた説です。

以上で解説を終わります。