1次試験

限界収入(MR)とは何か?求め方についても解説




参考文献・URL
マンキュー経済学ミクロ編・マクロ編

分厚いマンキュー経済学を読み解くのがめんどくさい人は、こちらをおすすめします。
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(ミクロ編) [ ティモシー・テイラー ]
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(マクロ編) [ ティモシー・テイラー ]

今回は限界収入とは何かについて解説していきます。
ただ、限界収入だけ解説しても理解しにくいです。

そこで総収入、平均収入、限界収入の違いについてます解説します。
それから実際に数字を使って計算しながら学習していきましょう。

スポンサードリンク




総収入、平均収入、限界収入とは?

総収入、平均収入、限界収入は
総費用、平均費用、限界費用の考え方と基本的に同じです。

総費用、平均費用、限界費用については
こちらの記事で解説しています。
生産関数とは?グラフを使ってわかりやすく解説

話を元に戻します。

まず総収入とは供給量と価格の積で表されるものをいいます。

総収入

総収入の求め方としては1個500円のまんじゅうを1000個供給(スーパーで販売するなど)したら、1000個×500円=500,000円
総収入は50万円となります。

それから平均収入とは1個当たりいくらか?
つまり1個当たりの収入を意味します。

それから限界収入とは1個増やしたら
いくら収入が増えるかを表したものになります。

スポンサードリンク




限界収入の求め方

限界収入例題ト8

1個200円のまんじゅうを販売しているとします。
2個だとお得で350円になり、
3個だともっとお得で450円になるとします。

まず平均収入を求めてみましょう。

まんじゅう2個のときの平均収入は
総収入(350円)を個数で割れば算出できます。

なので350÷2=175円となります。

同様に3個のときの平均収入は450÷3=150円
となります。

限界収入は1個増やしたときに収入がどれくらい増えるか?です。
なので1個から2個にまんじゅうを増やしたときの限界収入は
200円から350円に増えているので、350-200=150円となります。

それから2個から3個にまんじゅうが増えた時の限界収入は
350円から450円に増えているので
450-350=100円となります。

こんな感じで限界収入を求めることができます。