1次試験

AD曲線が垂直になるケースをグラフを使って解説します




参考文献・URL
マンキュー経済学ミクロ編・マクロ編

分厚いマンキュー経済学を読み解くのがめんどくさい人は、こちらをおすすめします。
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(ミクロ編) [ ティモシー・テイラー ]
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(マクロ編) [ ティモシー・テイラー ]

前回の記事ではAD曲線(別名、総需要曲線)が
どうして右下がりになるのか?解説しました。
総需要曲線が右下がりになる理由

一般的なAD曲線なら右下がりにあります。
ですが、場合によってはAD曲線が垂直になることもあるんです。

この記事ではAD曲線が垂直になるケースについて
わかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




AD曲線が垂直になるケース1.投資が利子非弾力的な場合

投資が利子非弾力的な場合、
AD曲線は垂直になります。

投資が利子非弾力的な場合っていうのは
投資が利子の変化に対して伸び縮みしない、要するに動かないという意味です。

このことを別の言い方で表現すると
投資の利子感応度がゼロとなります。

詳しくはこちらの記事で解説しています。
なぜIS曲線が垂直になってしまうの?

では具体的にみていきましょう。

まずIS-LM曲線では垂直になったIS曲線を書き、
普段通りのLM曲線を書きましょう。
IS曲線が垂直になる理由はこちらで確認してくださいね。
なぜIS曲線が垂直になってしまうの?

それから下側にAD曲線用に、縦軸が物価P、横軸が国民所得Yのものを
用意しておきましょう。

ad曲線 垂直

上記グラフの意味についてはこちらの記事で
解説しています。
総需要曲線が右下がりになる理由

ここではLM曲線において
実質貨幣賃金率をMA(名目貨幣賃金率)/PA(物価)とし、
LMAとします。

すると上記グラフでIS曲線とLM曲線の交点が
利子率がrA、国民所得がYAのところとなります。

そもそも総需要曲線(AD曲線)はLM曲線とIS曲線の交点の
集合体ですからね。交点にこだわってください。

ad曲線 垂直

で、IS曲線とLM曲線の交点をEとしましょう。
このことを下側のグラフに反映させると上記のようになりますね。

ここで物価がPAからPBに下落をします。

ad曲線 垂直

すると実質貨幣供給量という全体の数字は
大きくなりますね。
分母の物価がPAからPBに下落したわけですから
全体の実質貨幣供給量は大きくなります。

そしてLM曲線は右シフトします。
つまり、LMAからLMBと右側へシフトします。

結果、財市場と貨幣市場が均衡する点は
EからE´になりますね。

すると、利子率はrAからrBに下がります。
がしかし、国民所得YAはYAのままですね。

つまり物価PAがPBに下落しても
財市場と貨幣市場が均衡する横軸はYAのままで変わりません。

ad曲線 垂直
ということはPAからPBに物価が下落しても
YAはYAのままですね。

AD曲線が垂直になる

このようなときには財市場と貨幣市場が同時均衡する
国民所得Yと物価Pの組み合わせの集合体であるAD曲線は
垂直になりますね。

これはどういうことか?といいますと、
投資が利子非弾力的な場合、
つまり、利子率が変化しても投資が変化しないケースだと
金融政策をして利子率を下げても投資が増えないから
国民所得が増えません。

投資をしてくれたら工事をしたり人を雇ったり
機械を買ったりして、結果、国民所得Yが増えるわけです。

でも、投資が利子非弾力的だと利子率が下がっても
お金を借りたりして投資しないわけです。

今回のケースも物価PAがPBに下落して
実質貨幣供給量が増えても国民所得Yが増えません。

だから、AD曲線が垂直になってしまうんです。

AD曲線の横軸は国民所得Yです。
国民所得Yが物価Pが下落しても増えないなら
横軸は変化しませんからね。

スポンサードリンク




AD曲線が垂直になるケース2.流動性の罠

流動性の罠のケースでも
AD曲線が垂直になります。

流動性の罠について、
それからグラフについては
こちらの記事で解説しています。
クラウディングアウト効果が起こらないケースについて解説

物価はPAとします。
流動性の罠

次に物価PAがPBに下落したとしましょう。

流動性の罠

すると物価が下がれば実質貨幣供給量は増加しますから
やはりLM曲線は右シフトします。

そしてIS曲線とLM曲線の交点はEAからEBになったとしても
同じ場所ですね。
変化しません。

流動性の罠

ではAD曲線の方も見ていきましょう。
物価が下落してPBになっても
財市場と貨幣市場が均衡するYはYAのままですね。

AD曲線は垂直

なのでEAとEBを結びましょう。
やはりAD曲線は垂直になりますね。

以上でAD曲線が垂直になる理由は
物価Pが下落して利子率rが下がっても
国民所得Yが増えないケース

具体的には流動性の罠のケースと投資が非弾力的なケースです。