一般知識

順機能と逆機能とは?例を挙げてわかりやすく解説




順機能と逆機能を提唱したのはマートンさんです。
ただ、細かい話ですがマートンはたいていR.K.マートン(ロバートキングマートン)と表記されます。
たいていの学者さんはせいぜいR.マートンくらいの表記になるのですが、
このお方はR.K.マートンとKまで入っています。

どうしてだと思いますか?

R.K.マートンさんの息子にR.C.マートン(ロバートコックスマートン)という有名人がいたから
区別するためにあえて名前の真ん中にKを入れているんです。

お父さんのR.K.マートンさんも有名人ですが、
息子のR.C.マートンさんもノーベル経済学賞をとっているんです。
超エリート家庭ですね。

こんな感じで文系の学問で親子ともに有名人なので
R.K.マートンと間にKが入ることが多いです。

マートンさんは前回解説したパーソンズさんの影響を色濃く受けています。
パーソンズが提唱した行為システムとは?わかりやすく解説

では以下、マートンさんが提唱した順機能と逆機能について解説していきます。

スポンサードリンク




順機能と逆機能を例を挙げながら解説

マートンさんも機能という観点で物事を考えます。
部分が全体にどのように貢献しているのか?ってことです。

実際のところ、部分は全体にプラスに働くとは限りません。
マイナスに働くこともあります。

単純に部分が全体に貢献しているというだけでなく
プラスマイナスに分けて分析するようになります。

このうちプラスの働きのことを順機能、
マイナスの働きのことを逆機能
といいます。

順機能の例

たとえば、私たち人間の体には脳があります。
脳が心臓を動かす神経があったり、胃を動かしたりしているんです。
なので、脳がないと私たち人間は生きていけません。死んでしまうでしょう。

ということは人間の体という全体から見て、脳という部分はプラスに貢献しています。
つまり脳は順機能です。

マートン

もしあなたの腸に回虫が住みついて生活(部分)しているとしましょう。
するとあなたがいくら「お腹がすいた」といってハンバーガーを食べても
腸にいる回虫がハンバーガーの栄養を食べてしまうので太れません。

なので、住み着いた回虫(部分)があなたの体全体にマイナスの影響を与えます。
だから部分が全体にマイナスの影響を与えているので逆機能です。

この逆機能の具体例はほかにもこちらの記事で解説しています。
マートンの予期的社会化とは?例を挙げながらわかりやすく解説

ちなみに順機能と逆機能以外にも没機能もあります。
没機能とはプラスにもマイナスにもならないケースをいいます。

例を挙げると、
盲腸はプラスにもマイナスにも働いていないと言われています。
なので盲腸は没機能の具体例になります。

続いてマートンが提唱した潜在的機能と顕在的機能について解説します。
顕在的機能と潜在的機能について例を挙げてわかりやすく解説