一般知識

ルーマンの複雑性の縮減とは?簡単にわかりやすく解説




今回の記事ではドイツ人『ルーマン』さんが提唱した複雑性の縮減について
簡単にわかりやすく解説していきたいと思います。

そもそもルーマンさんの考え方はめちゃくちゃ難しいので
どこまでかみ砕いて説明できるかわかりませんが、
最後までついてきていただけるとうれしいです。

スポンサードリンク




ドイツ人のルーマンさん

ルーマンさんは元々、公務員でした。
大学卒業後、すぐに研究者になったわけではありません。
ただ、研究関心がすごく強くてハーバード大学に留学し
パーソンズさんのもとで勉強し、研究者になりました。

「パーソンズってどんな人?」と気になる方はこちらの記事をご覧ください。
行為システムとは?わかりやすく解説

ルーマンがパーソンズさんの教えを学び
ドイツに帰ってきて最初にやったことは組織論の研究です。
行政学では『機能』という言葉をあいまいに使ったりします。
そりゃそうですよね。
中小企業診断士試験の企業経営理論で出てくる『機能』という用語は
行政学とか政治学といった領域で使われる『機能』とはどう考えても違うものでしょう。

たとえば、生物で出てくる『機能』だったら
腎臓の機能は尿を生産したり、再吸収したりして
みたいな意味合いでの機能となるでしょう。

これと同じで行政学者が使う機能と経営学の中の組織論における『機能』
とはまったく意味合いが違うはずです。

話を元に戻すと、
ルーマンさんは行政学者がいかに『機能』という言葉を曖昧に使うのか?
みたいなことを論文にしたりしながら
組織研究をすすめていきました。

その後、社会学全般にまで研究分野を拡大し
社会学者となりました。

ルーマンさんもパーソンズさんと同様に抽象的に物事を考えるのが好きな人でした。
また、パーソンズさんから学んでいたので
社会はシステムである」という観点からいろいろ考えようとしました。

ルーマンは「いろんな経験以上にいろんな可能性があり得る」と主張しました。
でも、いろんな可能性すべてを私たちは検証できません。

たとえばお笑い芸人コントをしているときに
「お前のコント、面白くないな」と
舞台に上がってくるお客さんがいるかもしれません。
可能性はゼロではありません。

でも、その芸人がお客さんが舞台に上がってきて
文句を言ってくるかもしれないと思いながら
コントをしているわけではないでしょう。
もし考えていたら、びくびくしながらコントをするはめになり
見ているお客さんはつまらないと感じてしまうでしょう。

とはいえルーマンさんはいろんな可能性がありえるはずだけど
一部分だけ考えればすむようにしている
と考えました。
これを複雑性の縮減といいます。

いろんな可能性を考えるのは複雑になりますね。
その複雑さを減らして考えるわけですよ。
だから複雑性の縮減というわけですね。

で、複雑性を縮減しているのは『システム』だとルーマンさんは考えました。
システムはシステムの中と外を分けて考えるのが一般的ですが
ルーマンさんは複雑性が高いか低いかで考えます。

システムの中の方が複雑性が低く、外の方が高いと考えます。

スポンサードリンク




複雑性の縮減の具体例

複雑性の縮減の具体例としては

たとえばあなたが公認会計士の資格をとろうと思った時に
ジュンク堂書店に行ったとしましょう。

ジュンク堂書店のような大型書店だと公認会計士の資格関連なんて数百冊くらい置いてあります。
あまりの本の多さに唖然とするかもしれません。

でも、あなたは資格の大原とかLECにお金を払えば
「どの本で勉強しようかな」と悩む必要はありません。
その資格学校から与えられたテキストと先生の講義を利用すれば
合格する確率が高まります。

また資格の学校であれば
「この内容は覚えてください」「この内容は試験には出ません」
と試験に出題される内容を取捨選択してくれます。
こうやって重要な情報だけを絞り込んで
複雑性を縮減した形で情報提供しているのが資格の学校
です。

こうやって複雑で悩ましい社会を
より悩まない形まで取捨選択してくれているというのが
複雑性の縮減です。

ここまで理解できたらルーマンさんが書いた書籍を理解できるでしょう。
信頼 社会的な複雑性の縮減メカニズム [ ニクラス・ルーマン ]

続いて同じルーマンさんが提唱したオートポイエーシスについて解説します。
ルーマンのオートポイエーシスとは?例を挙げてわかりやすく解説