一般知識

エスノメソドロジーとは?例を挙げてわかりやすく解説




エスノメソドロジーとはどういうことなのでしょうか?
具体例を挙げてわかりやすく解説していきます。

まずエスノメソドロジーはハロルドガーフィンケルさんが主張したものです。
この人は大学院はハーバード大学です。
パーソンズさんが師匠です。
パーソンズの行為システムとは?わかりやすく解説

スポンサードリンク
 




ガーフィンケルのエスノメソドロジーとは?

ガーフィンケルさんはエスノメソドロジーを主張しました。
エスノメソドロジーは『エスノ』『メソド』『ロジー』と分けて考えましょう。

で、『エスノ』=『人々の』、
『メソド』は『メソッド』で『方法』、
『ロジー』は『ロジック』で『学』

となります。

ですので、エスノメソドロジーとは人々が日常生活の中で
どのように当たり前を作り出しているのか?
その当たり前を作り出している方法を研究しようということです。

スポンサードリンク
 




エスノメソドロジーの具体例

例

たとえば、あなたは弾き語りライブでギターを持って歌っているとしましょう。
お客さん同士が談笑しています。

おそらくあなたは無視するでしょう。
どうせ、いつかは会話をやめるでしょうから。

ここで、あなたがギターと歌を止めて
「お客さん、ちょっと黙ってもらっていいっすか?」
みたいな感じで注意したら、二度と来てくれなくなるかもしれません。

あるいはあなたのイメージが悪くなるでしょう。
お客さんからしてみたら、「感じ悪い」って思う可能性がありますからね。

さすがにコンサート開始から終了間際まで
お客さん同士が談笑して自分の歌を聞いてくれなかったら
「ちょっといい加減にしてもらっていいですか!」
っていうかもしれませんけどね。

でも、さすがにそこまでひどいお客さんもいないでしょうから。

こんな感じでちょっとイレギュラーなことが起きても
無視して当たり前のように普通に歌を歌うでしょう。

逆にあなたがお客さんの立場だったとして。
歌っている人が途中で歌うのをやめたとしましょう。
もし5秒程度だったら「もしかして余韻を残そうとしているのかな?」
という感じで「なに歌うのやめているの?」なんて言わないはずです。

でも、これが1分くらい歌うのも話すのもやめたら
「ちょっと大丈夫?」みたいに思ったり、直接言ったりするでしょう。

こんな感じでちょっと普段と違うような現象が起きても
「よくあることだろう」とスルーして
当たり前を維持しようとする
わけです。

これがエスノメソドロジーの具体例です。

さらにガーフィンケルさんは違背実験をします。
違背実験についてはこちらで解説しています。
違背実験とは?例を挙げてわかりやすく解説