1次試験

ターゲットマーケティングについて事例を挙げて解説




ターゲットマーケティングとは

・年齢
・性別

を細かくわけて、自分の売りたい商品を適切な年齢・性別に
知ってもらうマーケティング手法
のことをいいます。

「よくわかんないな」と言う方もいるでしょう。

ターゲットマーケティングについてこちらの記事で
詳しく解説したのでぜひご覧ください。
ターゲットマーケティングとは?

ターゲットマーケティングは現代の市場戦略において非常に重要な要素を占めています。

例えばターゲットマーケティングの事例として
あるブランドを立ち上げた場合を考えてみましょう。

そのブランドにおける市場価値をどの部分に見出すか、まず考えます。

そしてその市場のセグメント化を行った後に
どのセグメントを狙うのかを明確にする必要があります。

オムツ

セグメントとは要するに、細かく切り分けることです。
たとえば、オムツなら40代男性より70代男性に売れそうですね。

だから男性にオムツを売るにしても70代に絞って
マーケティングをしかけることをセグメントといいます。

オムツ以外の事例を考えてみましょう。

ファッションブランド

若者向けの服を開発し売りたいとしますね。
若い主婦層を含めるのか、あえて独身層のみを狙うのか
によっても価格構成や商品構成が異なってくるものです。

独身層だったら異性にモテたいかもしれませんから
おしゃれな服の方が売れそうですね。

でも主婦層を相手にするなら、モテそうというより
長く着続けれるかどうか?の方が買うか買わないかの判断に重要かもしれません。

ターゲットマーケティング 事例

ターゲットマーケティングにおいて重要な事は
はじめにあまりターゲットを狭く固定し過ぎないことです。

商品を販売していく中で知らぬ間に潜在ニーズが掘り起こされることが多いです。

モテそうな服を独身層に売っていたら
案外購入者の多くが主婦層だったという感じで。

この場合の主婦層が潜在ニーズですね。

だったら主婦層に服を売ることに集中できます。
逆にターゲットが狭すぎると、潜在ニーズのある部分が
ターゲットから外れてしまう危険性
があります。

たとえば25歳の独身女性をターゲットだと
20歳の女性や30歳の女性、既婚者などの層を拾うことができません。

こちらも参考に!⇒ターゲットマーケティングとは?

ターゲットマーケティングについて事例を挙げて解説」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

MM理論における3つの命題とは?
デファクトスタンダードとは?
製品アーキテクチャってどんな意味?