1次試験

輸入インフレとは?わかりやすく解説

輸入インフレとは




参考文献・URL
マンキュー経済学ミクロ編・マクロ編

分厚いマンキュー経済学を読み解くのがめんどくさい人は、こちらをおすすめします。
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(ミクロ編) [ ティモシー・テイラー ]
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(マクロ編) [ ティモシー・テイラー ]

インフレが起こる原因にはいろいろとありますが
前回と前々回の記事で
インフレの原因となる、生産性格差インフレと
コストプッシュインフレについて解説しました。

まだご覧になっていない方は
こちらをご覧ください。
コストプッシュインフレについてわかりやすく解説
生産性格差インフレーションとは?わかりやすく解説

今回はインフレを起こす原因の1つ
輸入インフレについてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク




輸入インフレとは?

輸入インフレとは

まずアメリカなどの海外でインフレが起きたとしましょう。
アメリカなどでインフレが起きているってことは
その国では超過需要が起きているわけです。

お客さんが商品を欲しいけど買えないから
値段が上がる(物価が上がる)わけです。
超過需要とは?具体例を挙げて解説
超過需要とは超過供給とは何か?グラフを使って解説

その超過需要になっている国は
商品があればあるほど売れるわけですから、
日本からその商品を買います。

逆に日本から見たら、その国に
商品をいっぱい輸出するわけですね。

ちなみにの話ですけど
輸出するわけなので日本のGDPは上がります。
ここではどうでもいい話ですが。

とはいえ、日本ではその商品をどんどん輸出する結果、
その商品はどんどんなくなっていきます。

となると、その商品が日本ではなくなってくるので
日本にいる人はその商品を買いたいわけですから、
日本のお店はどんどん値段を上げます。

値段を上げても売れるわけなので。

結果、物価が上がる、
つまりインフレになるわけです。

こんな感じで外国が超過需要(インフレ)を起こした結果、
日本の物価が上がり、インフレを起こしてしまうことを輸入インフレ
といいます。

以上で輸入インフレについての解説を終わります。