1次試験

独占市場における利潤最大化と価格決定についてわかりやすく解説




参考文献・URL
マンキュー経済学ミクロ編・マクロ編

分厚いマンキュー経済学を読み解くのがめんどくさい人は、こちらをおすすめします。
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(ミクロ編) [ ティモシー・テイラー ]
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(マクロ編) [ ティモシー・テイラー ]

今回は不完全競争市場の中でも独占市場に焦点をあてて
解説していきます。

不完全競争市場は完全競争市場の知識が前提になります。
なので、もし完全競争市場の記事をご覧になっていない方は
先にこちらをご覧ください。
完全競争市場の4つの条件についてわかりやすく解説
完全競争市場で利潤最大化するのはどんな時?

スポンサードリンク




独占市場とは?4つの条件がある

独占市場とは

独占市場とはどんな市場なのでしょう?
独占市場は不完全競争市場の一種です。

不完全市場のことを理解するために
まずは完全競争市場のことを理解しておいてくださいね。
完全競争市場の4つの条件についてわかりやすく解説
独占市場は以下の4つの条件を満たす市場になります。

条件1

企業の数でみると完全競争市場ではたくさん存在していますが
独占市場だと1社しか存在していません。

条件2

独占市場の場合、製品は同質的です。
これは完全競争市場と同じですね。

同質的というのは以下のようなものをいいます。

たとえば地域で評判で、
一度食べたらやめられないほどおいしいドーナツ屋さんとか
コンテストで優勝経験のあるドーナツ職人もいます。

でも同質的とはそういうドーナツを指しているわけではありません。
どのドーナツ屋さんも、みんな同じドーナツを販売しているのが
同質的という意味です。

また同質的な商品を作ることができる企業は当然
1社しかありません。
独占市場ですからね。

また1社しかその市場に存在しないので
自由に価格を決定することができます。
このことをプライスメーカーといいます。

価格を作るってことですね。

完全競争市場ではプライステイカーでしたね。
完全競争市場の4つの条件についてわかりやすく解説

条件3

情報の完全性はあります。
これは完全競争市場と同じです。

情報の完全性とは商品に関する情報を
買う側も作って販売する側もよく知っている
ということです。

条件4

完全競争市場では新規参入は自由でした。
ですが、独占市場の場合、参入は不可能な状態です。

以上4つの条件を満たす市場を独占市場といいます。

スポンサードリンク




独占市場における需要曲線

完全競争市場における需要曲線は
完全競争市場の需要曲線は水平

こんな感じで水平の直線でしたね。

なぜ完全競争市場における需要曲線は水平だったのか?
理由はこちらで解説しています。
完全競争市場の需要曲線は右下がり?水平?

これに対して独占市場における需要曲線は
一般的なものと同じで右下がりになります。

需要曲線

どうして独占市場だと需要曲線は右下がりになるのでしょう?
まず独占市場における企業はプライスメーカーでしたね。

自社で自由に価格を決めることができます。
ただ、価格を思いっきり上げて儲けまくることが
できるのでしょうか?

そんなことはありません。

確かに1社しか存在しないから
お客さんはこの会社から商品を買うしかありません。

でも、「高いなら買わなくてもいいや」
と商品を買わなくなる人もでてきます。

だから、価格が高い(縦軸でも上の方)だと
買わない人が出てくるので数量Qは
0に近い数字になってしまうわけですね。

需要曲線

価格を下げれば下がるほど買ってくれる人が増えるので
数量が増えていくわけです。

だから独占市場における需要曲線は
右下がりになります。

こんな感じなので独占市場の場合、
価格をどれくらいにすると利潤を
最大化することができるのか?を検討していきましょう。

とその前に限界収入について解説します。

スポンサードリンク




独占市場における限界収入

まず限界収入ってどういう意味か知ってますか?
詳しくはこちらで解説しています。
限界収入(MR)とは何か?求め方についても解説

ここでは簡単に説明させていただきますと
限界収入とは1個増やしたら
いくら収入が増えるかを表したもの
です。

では独占市場における限界収入は
どんなグラフになるのでしょう?

独占市場における限界収入

限界収入は需要曲線の傾きの2倍になります。
すると数学の知識が必要になりますが
上記グラフの赤線のように長さが等しくなります。

ではどうして限界収入(曲線)は
需要曲線の傾きの2倍になるのでしょう?

限界収入とは1個増やしたらどれだけ収入が増えるか?でしたね。

たとえばまんじゅう1個だけなら200円だったけど
2個だったら160円になったとします。

だいたいまとめ買いした方が商品って安くなりますよね。

で、1個200円、2個買ってくれたら1個160円というときに
2個目だけが160円になれば問題ありません。

つまり2個買ったときに1個目は200円で2個目は160円でなく
2個とも160円になるってことです。

こんな感じで価格を下げると増やした分だけでなく
元の分も値段が下がってしまう分、
傾きが2倍になってしまうってことです。

スポンサードリンク




独占市場における利潤最大化条件

独占市場

先ほどのグラフに限界費用曲線(MC)を加えました。
限界費用曲線は右上がりになりますね。

限界費用について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
限界費用とは?求め方についても解説

MC(限界費用曲線)と需要曲線の交点が
一番効率的です。

ただ、ここで数量が決まるか?というと
決まりません。

なぜ数量が決まらないのでしょう?

数量ってどうやって決まるんでしたっけ?
MR(限界収入)とMC(限界費用)が等しくなるところで
数量が決まるんでしたね。

これが利潤最大化条件です。

理由を解説すると相当長くなるので
こちらをご覧ください。
完全競争市場で利潤最大化するのはどんな時?

で、MR=MCとなる点は以下のピンクのところです。

利潤最大化条件

このときの数量をQ1としましょう。
すると価格はP1に決まりでしょうか?

独占市場の場合、
そんなに簡単に価格が決まるわけではありません。

完全競争市場では価格が一定だったので
簡単に価格が決まったわけです。
完全競争市場で利潤最大化するのはどんな時?

でも独占市場は価格が一定ではありません。
プライスメーカーですからね。

スポンサードリンク




独占市場における価格決定

Q1という数量だったら、P1でなく
もっと高い価格でも買ってくれそうです。

そこで、このように価格が決定されます。

独占市場における価格決定

上記のように数量はQ1における需要曲線上の
オレンジの点で価格が決定されます。

この点をP2としますね。
このP2のことを独占価格といいます。

需要曲線の需要はお客さんが欲しいという気持ちですから
P2でも商品は売れます。

また、以下の点のことをクールノーの点といいます。

クールノーの点

クールノーの点とは独占市場において
価格が決まる点のことをいいます。

スポンサードリンク




独占市場って非効率

独占市場って非効率です。

どういうことでしょうか?

クールノーの点

社会的に見たら需要曲線とMCの交点上の数量が効率的です。
でも、独占市場なので数量が減ってしまっています。
これって非効率ですね。

本当はもっと作れるのに独占であるがゆえに
ある意味調子乗って会社は商品を作らないわけですから。

ちなみに以下の青線の部分は死荷重になります。

死荷重

死荷重について、こちらで詳しく解説しています。
外部不経済の余剰分析についてわかりやすく解説